読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

杜(MORI)のティールーム

杜の都、仙台に事務所を構える杜協同法律事務所のスタッフたちが綴るリレーエッセイ

巳年

新年明けましておめでとうございます。新しい年が始まりました。 今年は「巳年」です。へびは脱皮をすることから「復活と再生」の意味があるそうです。気分を新たに笑顔の一年にしたいと思っています。 未曾有の大地震からまもなく2年を迎えようとしていま…

紅葉

y

今年の紅葉は、10年に一度の当たり年と言われているようです。確かに、毎日のように通る青葉通りのケヤキ並木も、家の周りの山の景色も例年になく色が鮮やかだったような気がします。何気ない景色がはっとするほどきれいに見えるこの一時はうれしいもので…

本との距離

以前、距離を置いた小説のことを書いた。とんでもない一文のせいで、楽しい読書の時間が終わってしまったと。そのエッセイの続きである。 続きが読みたくてたまらないのに、気になってしかたないのに、どうしても例の一文が忘れられず、本を手にすることすら…

古い女

猫も杓子もスマートフォンのご時世になった。携帯ショップにいけば一番目立つ場所に彼らが全面展開され、売れ筋ランキングもほぼ独占。ちょっと前まで花形だったはずの従来型携帯電話は、もはや隅のほうにいくつかひっそり並んでいるだけの脇役に過ぎない。 …

熱中症

高校の夏休みに、七夕まつりの出店でアルバイトをした。暑いなか懸命に大声を張り上げ・・・たかどうか覚えていないが、友人数名といっしょだったので、わいわい賑やかで楽しかった。わりといい思い出なのだが、たしか祭り2日目、わたしは突然視界が真っ白…

七夕

H

もうすぐ仙台七夕祭りです。8月5日は前夜祭の花火大会、そして翌6日から8日までは仙台七夕祭りです。 毎年この季節になると、亡くなった友人のことが思い出されます。彼は不治の病でした。入院中は何度も見舞いに行き、早く良くなれよといつも言っていま…

レインシューズ

先日たまたまお気に入りの靴を履いて出かけた時に突然の雷雨に遭ってしまいました。雨ジミにならないよう直ぐに乾かしたりしたのですが、色ムラが出来てしまい靴を買ったお店や修理屋さんを廻ったところ、もとの様に戻すのは難しいと言われ、がっかりしてし…

友人との再会

y

ここ半年の間、10年も会うことのなかった遠方に住む友人3名と次々に再会を果たしました。なかには18年ぶりの友人も。永い間会うこともなかったのに、このように機会が訪れたのは、震災があったことも大きかったのですが、みんな少しずつ日々の生活に余…

後悔先に立たず

私の読書の仕方は邪道だ。まず結論ありき。順に読み進めることが苦手なのだ。ジャンルを問わず、もちろん推理小説でも。 先日読み始めた文芸小説がある。結論はすでに帯に書かれていて、その過程を楽しむタイプの物語だ。とりあえず順に読み進めた。すぐにの…

弥生の空に

2012年3月10日、夜の泉ヶ岳から空へ向けて花火が上がった。昨年の震災からずっと被災地支援を続けてきたボランティア団体「スコップ団」が打ち上げた、震災犠牲者への鎮魂の花火だ。 「二万人の方が亡くなった震災が一件起きたのではない。一件の悲し…

マスク女子

マスクの売り上げが伸びているらしい。 東日本大震災以降、予防の意識の高まりで売れているのだそうだけれど、巷ではすっぴん隠しや寒さ対策の為にマスクをする女の子が増えているのだとか。 確かにドラッグストアに行くとピンクや花柄の可愛らしいマスクも…

健康

H

お元気ですかー。元気があれば何でも出来る。全くそのとおりだと思います。 残念なことですが、年齢を重ねると身体のあちらこちらにガタがきて、若い頃には出来たことが難しくなってきている自分に気づきます。 年齢をさかのぼることは不可能ですので、少し…

新年

新年明けましておめでとうございます。 いよいよ新しい年が始まりました。 昨年は色々な出来事がありました。3月には東日本大震災がありました。 又、個人的には全く予期しなかった事が次々と起こり、沢山の人達にお世話になった年でもありました。 これだ…

片付け

y

今年もあと残すところ少し、そろそろ年末の大掃除の時期です。 毎年、気になるところは山ほどあるものの、全てきれいに出来るわけもなく、見て見ぬふりをして早々に終わらせてます。 中でもクローゼットはここ数年懸念し続けながら、一切手をつけてこなかっ…

夏と読書2

秋の夜長は読書に最適。と言われるが、秋まで待てずに猛暑の夏、読書がしたくなった。 今回の読書テーマはTVドラマや映画の原作本。予告編やパンフレットなどで気になった作品を数冊手に入れ、早速読み始めた。聞いたことのない現代作家の作品ばかりで、と…

西欧

昔からヨーロッパに憧れていた。 古めかしい街並み、歴史が刻まれた石畳、威厳ある城壁、小さな市場に満載された西欧の食材、どこまでも連なる丘に広がる葡萄畑、窓を叩く雨粒、国々の間をゆったり流れていく河。 いつかひとりでふらりと訪れて、あちこち巡…

お弁当箱

黒くて巨大なお弁当箱が食器棚で場所をとっている。 夫はだいたい、わたしが3個の目覚ましと格闘しているのを笑いながら出勤していく。 けれど震災直後は徹夜続きで仕事で、食べ物を出すお店は軒並み閉まっていたので、わたしは作ったことのないお弁当と大…

あれから

H

未曾有の大震災からもうすぐ5ヶ月がたとうとしています。時間の感覚がずれてしまったのか、もっとずうっと昔に起こった出来事の様な感じがしてなりません。 真っ暗闇の中の津波、あちこちから立ち上がる炎と煙、ヘリコプターの爆音、24時間絶え間なく響き…

ライラック

前回のエッセイにも書いていますが、我が家の庭には色々な花木が植えられています。 その中のひとつにライラックの木があります。今年はいつもより沢山の蕾がつき、かわいらしい白い花(我が家のは所謂ライラック色ではありません)が咲くのを楽しみにしてい…

震災

y

スイッチを押せば電気がつき、蛇口をひねると水が出る、当たり前に思っていたことがそうならない数日がありました。 そうなると、いままで当然のようにしていたことが、出来なかったり、したくなくなったりしました。 小さな事ですが化粧もその一つです。 水…

誕生日

6月12日、私の誕生日は宮城県沖地震が起きた日と同じだ。毎年、誕生日の頃には避難訓練が行われ、特別番組が放送されていて、地震は誰より身近に感じていた。 3月11日、たくさんの命が失われ、日本が深い悲しみに包まれた日は妹の誕生日だった。まさか…

マイチョコ

2月14日、バレンタインデー。年間のチョコレート消費量の実に4分の1を消費するという日本最大のスイーツイベントですが、まだまだ不景気な経済を反映したのか、今年は昨年よりも良心的なお値段のチョコが多かったように見えました。 生まれも育ちも純庶…

眼鏡

欲しいと思っていてもなかなか買えないものってあります。長く、近くで使うもの、たとえば家具とか。期待して楽しく探し始めても、条件に合ったものが見つからないとだんだん疲れてきて、面倒になって、情熱も失い、今あるのでいいかな、そのうち見つかるだ…

年賀状

H

新年明けましておめでとうございます。 最近の年賀状は、家庭にパソコンとデジカメが普及したおかげで写真入りのものが多く見受けられます。そういう年賀状を見ると、その家庭の変化がよくわかります。例えば、この人は結婚したんだとか、こどもが生まれたん…

我が家の庭

以前のエッセイにも書いていますが、我が家の庭には母親が手塩にかけて育てている色々な花木が植えられています。その中には赤・黄色・オレンジ色等のかわいらしい実を付けるものもあり、私達家族の目を楽しましてくれています。 と言いたいのですが私達が楽…

金魚

y

私の実家には金魚が3匹いる。 一匹は町内会の夏祭りの金魚すくいで娘がもらってきたもの。一匹だけでは寂しいだろうからと、近くのホームセンターで買った同じくらい小さな金魚と、丸い形の可愛らしい金魚が一匹ずつ。動物の世話が上手な実家の父に落ち着く…

縁日

我が町では毎年9月になると五穀豊穣を願う縁日が随所で開かれる。各地域毎に趣向を凝らした(と言ってもどこも似たり寄ったりで派手ではない)秋祭りが行われている。 小さい頃、近くの神社からお囃子が聞こえると、楽しみでしょうがなかった。屋台の焼きそば…

酷暑

暑い夏になりました。本州の中では涼しいはずの仙台でも記憶にないほど真夏日続きで、まさに「酷暑」です。 おかげで冷夏の昨年は不振だった夏物の衣料、家電、レジャー商品などが売れ、外出を避けてスーパーのインターネットサイトで買い物をし自宅に届けて…

エスコートキッズ

サッカーの試合では何故子供と手をつないで入場するのか、長年の疑問でした。選手の子供なのかと思っていたら違うらしく、サッカー好きに質問しても分からず、なんだか野暮なこと聞くなという雰囲気・・・。 胸にしまった疑問が折からのワールドカップ報道で…

結婚式

H

先日、ここ数年ぶりに結婚式に出席しました。やはり、結婚式というものは、どの式に出席してもそれぞれに非常によいものです。 特にいつも感激するのは、新婦が両親宛におくる言葉です。これまで自分を育ててくれた事に対する感謝の気持ち、そしてこれからは…

チベット展

5月30日まで仙台市博物館に於て開催されていた『聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝』を先日見てきました。 世界文化遺産に登録されているポタラ宮やチベット各地の寺院・博物館から出品されている仏像装飾品等は日本の仏教美術とはまた違う趣がありまし…

スキー

y

4月半ばAを過ぎて雪がふり、桜の開花も遅くて、例年より冬が長かったような気がします。ここ数年、冬の初めに今年こそはスキーが少しでも上手になって、リフトを使えるようになりたいと思うのですが、結局、左右に曲がることもできず疲れ果て、瞬く間に上達…

映画館好き

「飛べない豚は、ただの豚だ」。映画館で初めて見た映画は、スタジオジブリの「紅の豚」だった。大きなスクリーンに大音響、迫力ある映像に心を奪われた。あの時の感動を今でも覚えている。 あれからずいぶんたった今、映画鑑賞が楽しみのひとつだ。邦画、洋…

がんばったなら、いいじゃない?

2010年2月、カナダはバンクーバーにて冬季オリンピックが開催されました。私もいくつかの競技をテレビで観戦しましたが、競技の様子を伝える番組で気になったのはキャスターやコメンテーターの存在。メダルメダルとこぞって煽りたて、惜しくも表彰台を…

寒サニマケズ

年々寒さに弱くなっていると感じたことはないでしょうか。 私は二十歳の冬に、体の内側から冷えるというか、今までとは違う寒さをはっきり感じたことを覚えています。子供の頃は、雪が降れば不便はあるけれどワクワクしたものだし、澄んだ夜空にくっきりと星…

寅年

H

新年明けましておめでとうございます。 杜のティールームの原稿を書く順番が、丁度私がその年の最初になることから、過去にもその年の干支に纏わることを書きました。今年は「寅」です。 虎に纏わる話を書きたいと思い、何を書こうかといろいろ考えましたが…

あわてん坊な椿

我が家の庭には色々な花木が植えられています。その中には亡くなった祖母が大切にしていた椿があり、毎年深紅の綺麗な花が咲き私達家族の目を楽しませてくれています。 何とその椿がこの時期(11月下旬)に2輪も花を咲かせたのです。これは初めての経験で…

y

私の実家では父が趣味で家庭菜園をしている。その作物をねらって、猿がやってきた。母から連絡をうけて駆けつけたところ、猿は屋根の上で、枝豆の束をもって、もぐもぐ食べているところだった。時々、おしりをボリボリ掻きながら、器用に豆だけ食べて、殻は…

夏と読書

暑いのが苦手な私にとって、夏は地獄である。動くことも考えることも億劫で、毎年夏の記憶がない。気づいたら9月が終わろうとしていたりする。そんな無意味な時間の過ごし方を、今年は読書で変えてみた。 「ハリー・ポッター」第1巻が日本で発売されてから…

夏の庭のあれやこれ

最近、エコブームに乗ってあちこちのご家庭で見かけるようになったグリーンカーテン。我が家ではキュウリ、インゲン、ゴーヤの3種類を植えましたが、日照不足と低温で生長が遅れ、お盆を迎える頃にようやくカーテンらしくなって庭のウッドデッキを覆ってく…

洗車

先日車で出かけようとしたときのこと、ふと見ると白色の車に尋常ではない茶色の点々が・・・よく見ると、無数の小さい虫の死骸がこびりついているではないですか。梅雨時に高速道路を走ったためと判明しました。 免許をとって10年、私は自分で洗車したこと…

あだな

H

事務所では、「ジャイアン」と言われています。ドラえもんに出てくる、あのいじめっ子です。私の場合、決して乱暴だとか、大声でわめくとかで付けられたものではありません。ただひとつ、あのジャイアンと同じように「自分のものは自分のもの、他人のものは…

インフルエンザとマスク

ここ最近外出の際には必ずといっていい程マスクを着用するようになりました。でも私はマスクが苦手です。マスクをするとなぜか息苦しくなってしまうからです。 最近はそうも言っていられなくなりました。と言うのも世間を賑わしている新型インフルエンザの脅…

給食

y

小学校の頃、給食が苦手だった。嫌いなものはあまりなかったけれど、食べるのが遅い上に、小食だったので、全部食べるのには相当苦労していた。当時は全部食べ終わらなくてはいけなくて、昼休み時間にも、同じ顔ぶれ数名で残って食べていた。食べ物を粗末に…

世界大会

今月(2009年3月)、数年に1度のWorld Baseball Classic(WBC)が開かれた。決勝は史上に残る死闘の結果、前回大会優勝の日本が連覇を成し遂げ、幕を閉じた。何度も行われた対韓国、対キューバ戦。どうでもいいと思いつつ、勝敗が気になった。 今回のWBC…

2月のイベント。

連日景気悪化のニュースが報道され、消費も落ち込んでいるとよく聞きますが、2月2週目のデパ地下にはやたら熱気があふれていました。そう、バレンタインのチョコ売場です。 不況もここだけは避けて通っているのか、早くも「完売」札があちらこちらに乱立し…

新築祝

先日お家を建てた友達夫婦の所へ遊びに行きました。新築のお祝いに何をあげようか、あれこれ悩んだ末、カップ&ソーサーにしました。お祝いものを選ぶとき重要視していることといえば、絶対必要だけど出番が少なく、自分では買う気がしない少し高価なもので…

丑年

H

新年明けましておめでとうございます。今年の干支は「うし」です。丁度、一年前に去年の干支であるねずみに関する思い出を書きましたが、時のたつのは早いものでそれからあっという間に一年が過ぎ、また新しい年がやって参りました。そこで、今回は「うし」…

紅葉 (きさらぎ)

だんだんと寒さが肌身にしみてきて本格的な冬が訪れる前の季節となりました。私はこの季節が好きです。そして例年この時期に楽しみにしている事は紅葉を見に行くことです。ここ最近は紅葉を見に遠出をしたりしていたのですか、今年はそのチャンスに恵まれま…

補助輪 (y)

y

うちの娘は目下、補助輪なしの自転車練習中だ。そのうち上手になればいいなあとのんびり構えていたのだが、先日近所の同じ年の女の子が一輪車を自在に乗りこなしているのを見かけて、これはそろそろ本格的に練習しないとと思った。 自分が補助輪なしで乗れる…