杜(MORI)のティールーム

杜の都、仙台に事務所を構える杜協同法律事務所のスタッフたちが綴るリレーエッセイ

辞書

y

めっきり本を読まなくなってしまったのですが、久しぶりに文庫本を手に取りました。三浦しをんさんの「舟を編む」、辞書の編集を題材にした小説です。最近では言葉を調べるときも、パソコンや携帯で済ませてしまうことが多かったのですが、辞書を手にもって…

ひつじ年

今年は年女なので(何度目かは言いませんが)、それを祝して?高校の同級生たちと小旅行に行ってきました。同じ学校で毎日のように一緒に過ごした友人たちも現在は就職やら結婚やらで全国ちりぢりになり、まめに連絡を取り合ってもいないのですが、年に数度…

ヤツが来る

「ヤツ」――春に先駆けてやって来るアレ。そう、もろもろの花粉たち。 本州ではスギにヒノキ、時期が移ればイネ、ブタクサ、ヨモギ等々。北海道に渡ればシラカバの花粉も、今や国民病とも言えるほど多くの人を苦しめる花粉症の原因になるらしい。 発症のタイ…

記憶

年末の大掃除で1枚のCDが出てきました。 私がまだ小学生の頃に母親が連れて行ってくれたある映画のサウンドトラックCDです。 不思議と私もその映画と音楽がとても印象的で数年に一片思い出しては探していたのですが、全く見つかる気配がなかったので諦…

新年

H

新年あけましておめでとうございます。 また、新しい年が始まりました。 昔は新年のスタートに今年こそ何か新しいことでも始めてみようかなと思うこともあったのですが、最近はそういうことよりも1年間平穏無事に何事もなく過ごせるようにと思うことの方が…

10年振り

私が最初に書いた事務所のエッセイは、「親知らずから虫歯」になってしまい、その治療をした話でした。そしてまた、その治療した歯が虫歯になってしまい歯医者通いをすることになりました。 以前にも書いていますが、私は虫歯はもちろん歯医者に行ったことが…

懐かしい時間

y

夏の終わりに学生時代を過ごした街を訪れました。当時下宿で一緒だった秋田の友人と冷麺を食べ、懐かしい通りを歩いて大学に行き、学生時代よくお昼の時間を過ごした構内の池のほとりで、あの頃と比べずいぶんと蓮の葉で覆われた水面を眺めながら、尽きない…

わたくしごと

先日、末弟に子どもが生まれた。 遠方での出産だったので立ち会いはできなかったが、便利な時代になったもので、今はお互いに林檎印のスマートフォンを持っていればすぐビデオ通話(テレビ電話)ができる。今回も生まれたての赤ちゃんを見ながら家族で誕生を…

夏風邪

連日の寝苦しい夜を脱したかと思いきや、疲れがでたのか風邪をひいてしまいました。久々の高熱に伴う頭痛と体の痛みはきつく、朦朧としながら初めて夏風邪をひいた高校受験の頃を思い出しました。 中学3年生の夏休み、塾の夏期講習というものに初めて参加…

夏といえば

連日30度を超える暑い日が続いておりますが、皆さん体調は崩されてないでしょうか。私は冬生まれのせいか暑さに弱く、つい夏風邪を引いてはこじらせてしまいます。今のところは体調万全なのでこの調子であまりはしゃぎすぎない程度に楽しんで乗り切りたい…

健康診断

H

今年も健康診断の時期がやってきました。年齢を重ねると検診科目も増え、その後の診断結果がとても気になります。結果が急を要する場合には電話がきます。そこまで急を要さない場合には封書で届きます。これまで何回も受診しましたが、要再検査の結果がある…

みどり

桜が散り緑が色鮮やかな季節となりました。仙台は「杜の都」と呼ばれるくらい木々の緑が街中にあふれています。寒い冬生まれの私ですが今の季節が一番好きです。 私の家の近所や事務所近くにケヤキ並木・イチョウ並木があるのですが、雲ひとつない青空にとけ…

小学1年生

y

新年度が始まりました。桜の下を、黄色い帽子とランドセルのピカピカの1年生がてくてくと歩いていく姿が見られます。上級生に混じったその小さい愛らしい姿は何となく「ヒヨコ」を連想させます。スキップをしたり、立ち止まったり、時には数名で座り込んで…

インフルエンザ

今年、はじめてかかりました。 普段あまり風邪をひかないし、身近で流行っていた時もうつらなかったので大丈夫だろうとそれほど気にしていなかったのが間違いでした。 処方された薬を飲んでもなかなかよくならず5日間ほど寝込み、一体どこが具合悪いのかわ…

言いたい放題

17日間の熱戦が続いたソチオリンピックが閉幕。TVでは多くの選手の活躍とその裏にある様々なエピソードも紹介されたが、中でもあるメダリストのコメントが印象に残った。 「4年前のオリンピックでは、自分にまだメダルを獲れる実力が無いことは判っていけ…

みぎてひだりて

先日、なんだか右手の親指が痛いなぁと思いつつ、放っておいたらどんどん腫れていき、ズキズキ痛みだした。とりあえず湿布して固定したが利き手の親指が動かせないというのは不便なもので、食べる書くはまぁ大丈夫なものの、掴む系の動作ができない。 あまり…

年男

H

新年あけましておめでとうございます。 今年は午年です。 当事務所にも年男の先生がいます。 あえて、ここでは何回目の年男とは書きませんが、いつもバイタリティに溢れ、とても若々しい感じがします。むしろ、年下の自分の方が身体のあちらこちらにガタがき…

優勝

とうとうやりました。東北楽天ゴールデンイーグルスが球団創設9年目で、リーグ戦・クライマックスシリーズを勝ち抜き、そして日本シリーズでもセ・リーグの覇者読売ジャイアンツを4勝3敗で破り日本一に輝きました。嬉しい限りです。 小さい頃から野球はと…

あまちゃん

y

一大ブームをおこした朝ドラ「あまちゃん」、放送が終了してもう1ヶ月がたちました。我が家でも毎日の放送を心待ちにしており、みんなで見られる時はそろってから鑑賞し、久慈まで「まめぶ」を食べに行き、口ずさむ歌は「潮騒のメモリー」、放送終了の1週…

はじめまして

じりじりとした日光の照りつける夏の暑さも落ち着き、朝晩のひんやりと澄んだ空気がすっかり秋を感じさせますね。 日本は四季がはっきりしていて、季節によって食事や装いを変えて楽しめますし、またそういったことを大事にする文化があり、素敵な国ですよね…

未知との遭遇

とある住宅地の一隅にある我が家は小さな山と寄り添うように建っている。市町村の境界でもあるこの山は、下は葛の蔦ばかりが隆盛だが、中腹からは様々な樹木があり鳥も多く住んでいて、春夏秋冬それなりに目に楽しい。 しかし、自然が間近だと当然昆虫類も豊…

花火大会

当事務所は仙台市中心部から少し離れた静かな場所にありますが、仙台七夕の前夜祭である花火大会のメイン会場の近くなので、その日だけは事務所周辺が大変賑わいます。お昼すぎ頃から道沿いに屋台が並び、席取りの人たちが現れ始め、風流な浴衣姿などを事務…

電車の中の出来事

H

先日、電車に乗った時のことでした。発車のベルが鳴ったにも拘わらず、電車が動き出す様子がありません。最後尾の車両に乗り、吊革につかまりながら何気なく窓の外を見ると、片方の手で手摺りに掴まりながら、もう片方の手で杖をついた足のご不自由な高齢の…

快挙

先日、5月23日に冒険家三浦雄一郎さんが世界最高峰エベレスト(標高8848メートル)に、史上最高齢となる80歳での登頂に成功とのニュースありました。しかも今度は3回目の登頂ということで、本当に驚きでした。 私の父も三浦雄一郎さんと同世代です…

風邪

y

一斉に木々の新芽が息吹き、黄緑色の若葉が眩しい季節、春物をまとって出かけてみようかと思っていた矢先、風邪をひきました。数年ぶりの風邪は思った以上にきつく、体が鉛のように重たくなりました。病名は溶連菌感染症。昔は猩紅熱といわれ、感染者は隔離…

傘寿の門出に花束を

客員弁護士である阿部純二先生が3月に傘寿を迎えられ、約7年間の弁護士生活を終えて事務所を退所されることになりました。 刑法学の第一人者として活躍された先生のご功績は、当サイト「News&topix」、「杜の四季だより」に詳しいですが、立派なご経歴の一…

2年

先日食品ストックの整理をしました。賞味期限間近の缶詰や乾麺をなんとか調理し食卓に並べてたいへんすっきりしました。震災をきっかけに買い揃えたのだが心配が先立って普段食べないようなものまであり、なんだかぐちゃぐちゃだったので使いやすいように見…

足跡

H

先月、仙台としては久しぶりに大雪が降りました。 その新雪の上に小さな足跡が点々と続いていました。その足跡を辿っていくと子猫がこちらをじっと見ていました。近づくと「ニャーニャー」と鳴いて何かを訴えている感じでした。たぶん寒いし、おなかも空いて…

巳年

新年明けましておめでとうございます。新しい年が始まりました。 今年は「巳年」です。へびは脱皮をすることから「復活と再生」の意味があるそうです。気分を新たに笑顔の一年にしたいと思っています。 未曾有の大地震からまもなく2年を迎えようとしていま…

紅葉

y

今年の紅葉は、10年に一度の当たり年と言われているようです。確かに、毎日のように通る青葉通りのケヤキ並木も、家の周りの山の景色も例年になく色が鮮やかだったような気がします。何気ない景色がはっとするほどきれいに見えるこの一時はうれしいもので…