杜(MORI)のティールーム

杜の都、仙台に事務所を構える杜協同法律事務所のスタッフたちが綴るリレーエッセイ

Beijing Olympic (小梅)

 今年の8月、中国の北京で4年に1度の世界的祭典オリンピックが行われました。始まるまでにはいろいろな問題もあり、開催自体が危ぶまれていましたが、全日程をなんとか無事に終えました。
毎回、開幕するまで興味はなく、日本選手にもほとんど期待はしていません。しかし競技が始まると日本選手の試合が気になり、時間も忘れ見入ってしまいました。今回のオリンピックでは前回までの総合獲得メダル数に遠く及ばず、悔しい気持ちも少なからずありましたが、メダリストの演技にはとても感動させられました。連覇や連続メダル獲得など4年に1度しかないチャンスを見事につかんだその精神力は並々ならぬものでしょう。4年間にどれだけ成長し、その1回のチャンスにどれだけ発揮できるのか。そこにはいくつものドラマがあり、世界中の人々を魅了するのです。

広告を非表示にする