杜(MORI)のティールーム

杜の都、仙台に事務所を構える杜協同法律事務所のスタッフたちが綴るリレーエッセイ

塗り絵 (きさらぎ)

 この間事務所でクーピーペンシル(芯のみのカラーペンシル)を買いました。なぜ法律事務所でクーピーペンシル?と思われるかと思いますが、各先生ごとに色を決めて予定等の区別を判りやすくするためです。
 そのクーピーペンシルを眺めていたら、ふと懐かしくなりました。と言うのも子供の頃私は塗り絵が大好だったからです。
 ある時、当時我が家に出入りしていた植木屋さんがご自分のお子さん(女の子)を連れて来ました。“お父さんが仕事をしている間待っているのがつまんないでしょう”と思った母が私の塗り絵をその女の子に貸した事がありました。たかが塗り絵と思われるでしょうが、その当時の私はものすごく塗り絵に愛着を持っており、“このページの絵にはこの色を塗って”と言うように子供なりにイメージがあったので、全然違う色を塗られてしまい、自分が大切にしていたものに傷をつけられたような、悲しい気持ちになってしまった事がありました。今考えれば大した事はないのですが。
 最近になってまた塗り絵が見直されてきています。これまでは子供の遊びと思われていた所がありましたが、脳の活性化や癒しの効果があると言われいるからです。
脳を活性化しなくてはと思い、塗り絵をまた始めようかと真面目に考えているこの頃です。

広告を非表示にする