杜(MORI)のティールーム

杜の都、仙台に事務所を構える杜協同法律事務所のスタッフたちが綴るリレーエッセイ

世界大会

 今月(20093月)、数年に1度のWorld Baseball Classic(WBC)が開かれた。決勝は史上に残る死闘の結果、前回大会優勝の日本が連覇を成し遂げ、幕を閉じた。何度も行われた対韓国、対キューバ戦。どうでもいいと思いつつ、勝敗が気になった。

 今回のWBCのみならず、世界大会と名のつくものは日本や勝利国(チーム、選手)が気になるもので、時間が許す限りTVに釘付けになっている。やっぱり日本が勝てば嬉しいし、一流選手のスーパープレイには感動する。できれば一度、会場に行って雰囲気や臨場感を味わってみたいものだ。

 (事務局 小梅)

広告を非表示にする