読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

杜(MORI)のティールーム

杜の都、仙台に事務所を構える杜協同法律事務所のスタッフたちが綴るリレーエッセイ

のら猫

最近、家の庭に一匹の猫が来るようになりました。
見た感じは、生後数ヶ月の子猫のようです。全身真っ黒で、大きな目は金色です。
出勤時や帰宅時に、いつの間にかガレージから出てきて足下にちょこんと座って、こちらを見上げています。キャットフードをあげると一気にたいらげ、おかわりを催促します。
家族の話では昼間は近所をパトロールしてまわり、夕方になると戻って来るそうです。そして私の車の下がどうもお気に入りの寝場所になっているみたいです。
最近は空前のねこブームと言われているようで、ペットとして飼われている数は犬よりも多くなったとのことです。
ただ、その反面のら猫が毎年殺処分される数も相当なものだということです。
このような状況を救えるのも人間しかいません。
家の?のら猫を見ていると特にそう思うようになりました。
(事務局 H)

広告を非表示にする