杜(MORI)のティールーム

杜の都、仙台に事務所を構える杜協同法律事務所のスタッフたちが綴るリレーエッセイ

あまちゃん

 一大ブームをおこした朝ドラ「あまちゃん」、放送が終了してもう1ヶ月がたちました。我が家でも毎日の放送を心待ちにしており、みんなで見られる時はそろってから鑑賞し、久慈まで「まめぶ」を食べに行き、口ずさむ歌は「潮騒のメモリー」、放送終了の1週間前くらいからは、どうしよう終わってしまう~と嘆きあう、という状態でした。個性的な登場人物(特に私は花巻さんが好きでした)と、おかしいけどホロリとくるストーリー、みんなで一緒に見ると数倍楽しい、「あまちゃん」はそんな朝ドラでした。我が家でもあまロスが心配されていましたが(特に主人)、案外とあっさりと乗り越えたと思っていたところ、青森の義父がみごとなあまロスであることが先日判明しました。どうやらビールを片手に「あまちゃん総集編」を見ているようです。義父から娘に送られたきた郵便の中身は「あまちゃんメモリアルブック」という雑誌でした(お義父さん大丈夫かな)。
 義父からの雑誌をめくりながら、「あまちゃん最高だったよね」と懐かしんでいます。

(事務局 y) 

広告を非表示にする