杜(MORI)のティールーム

杜の都、仙台に事務所を構える杜協同法律事務所のスタッフたちが綴るリレーエッセイ

映画館好き

 「飛べない豚は、ただの豚だ」。映画館で初めて見た映画は、スタジオジブリの「紅の豚」だった。大きなスクリーンに大音響、迫力ある映像に心を奪われた。あの時の感動を今でも覚えている。

 あれからずいぶんたった今、映画鑑賞が楽しみのひとつだ。邦画、洋画、アニメからドキュメンタリー、単館上映作品から超大作までジャンルを問わず、気になる作品は映画館のスクリーンで観るようにしている。月一程度の頻度だが、今年は(年末も含めて)すでに5本の映画を観てきた。

 これまで数え切れない程(100本超)の作品を観てきたが、心に残る作品はとても少ない。年に1本あるかどうか。正直、自宅のテレビで十分と思うこともある。でも、これからもできるだけ映画館に足を運びたい。あの雰囲気が大好きだから。

 (事務局 小梅)

広告を非表示にする