読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

杜(MORI)のティールーム

杜の都、仙台に事務所を構える杜協同法律事務所のスタッフたちが綴るリレーエッセイ

がんばったなら、いいじゃない?

 2010年2月、カナダはバンクーバーにて冬季オリンピックが開催されました。私もいくつかの競技をテレビで観戦しましたが、競技の様子を伝える番組で気になったのはキャスターやコメンテーターの存在。メダルメダルとこぞって煽りたて、惜しくも表彰台を逃せば、残念でした!の繰り返し。とかく結果を求めすぎ、選手に重圧を押しつけているような番組が多く見られ、残念に思いました。

 結果が重視されるスポーツで、メダルは確かに大きな目標でしょう。それを期待されるのは世界に通じる選手だという証拠だし、もし獲得できればもちろん誇らしいと思います。けれど、素晴らしい試合や演技をして「自分の力は全て出し切れた、(メダルを取れなくても満足です」と笑顔の選手にまで「残念でしたね!」という(それこそ残念な)コメントをされると、視聴者としてはつい「本人ががんばれたならいいじゃない」とツッコみたくなるのです。

 スポーツ選手に品格を求める報道をするなら、マスコミ自身にももっと報道の質を向上させて欲しい。と、そんなグチはさておいて、オリンピック選手のみなさん、お疲れさまでした。たくさんの感動をありがとう!

 (陽だまりねこ)