杜(MORI)のティールーム

杜の都、仙台に事務所を構える杜協同法律事務所のスタッフたちが綴るリレーエッセイ

夏の庭のあれやこれ

 最近、エコブームに乗ってあちこちのご家庭で見かけるようになったグリーンカーテン。我が家ではキュウリ、インゲン、ゴーヤの3種類を植えましたが、日照不足と低温で生長が遅れ、お盆を迎える頃にようやくカーテンらしくなって庭のウッドデッキを覆ってくれました。しかしほとんどクーラーを使わない家族にとって、狙いはエコ効果よりも見た目の涼しさといわゆる天然果実です。今の今まで蔓にぶらさがっていた野菜は、お店で売っているものとは水分と柔らかさが段違い。庭の片隅に植えられているツルムラサキという野菜もまた柔らかく味も濃くて、採れたてを食べる贅沢さを実感できます。
 それにしても、はや秋に追いやられつつあるこの夏、心残りは一度もひやむぎを食べていないこと。我が家の食卓には気温が30度を越えないとひやむぎが登場しないというルールがあり、真夏日が少ない今年はタイミングを逃し続けています。隣家から越境してきて庭に自生している花みょうがをありがたくいただき、ひやむぎの薬味として食べるのが夏の楽しみなのですが。

  (事務局 陽だまりねこ)             

広告を非表示にする